PPV(単品購入)おすすめエロ動画サイト

有名大手総合エロ動画サイトで安心安全にPPV

あの有名なDMMのアダルト動画総合サイトなので、エロ動画を初めて購入する場合でも安心。国内サイトなので無修正ではなく、円で購入できる。

 

一般の総合エンタメサイトDMM.comはCMなどでもお馴染みだが、これの18禁版がアダルト総合サイトのDMM.R18であり、相互に行き来できるようリンクが張られている。

 

定額見放題の月額動画もあり、しかもテレビで視聴可能になったとのこと。つまりパソコンの前に座らずとも大画面で寝っ転がりながらオナニーし放題ということだ。チャンネル数も全20と豊富であり、月額アダルト動画サイトとしても、かなり充実しているが、ここではPPV(単品販売)サイトとして触れていく。

 

同じくアダルト動画総合サイトであるDUGAとはカブっている作品も多いが、DMM.R18でしか視聴できない独占オリジナル動画も少なくない。
新作の配信も、微妙にDMMの方が早いことが多いように思える。サンプル動画に関しても、全体的にDMMの方が再生時間が長いイメージがある。
同じタイトルでは、視聴方法や価格は同程度なので、どちらで観るかは好みで選べばいい。

 

このPPVアダルト動画配信サイトはノーマルからアブノーマルまで幅広く扱っている総合エロ動画サイトであり、例えば以下のような映像を観ることができる。

 

女性向け

女性向け 女性向けのエロ動画は女優が美女なのはもちろん、男優側もイケメンなのが特徴。ビジュアル的にも美しい。

一般的な、男性向けのエロ動画は『中出し』や『レイプ』などをタイトルに含む、エゲツなさを売りにした作品が多い。
それに対し、女性向けのアダルト動画というのはストーリー重視で、イケメンたちと恋に落ちた結果としてのセックスを描いていたりする。
なのでエロシーンもリアルであり、激しさはないものの、男が観てもかなり興奮できる仕上がりとなっている。
『壁ドン』などのシチュエーションに憧れていたり、韓国ドラマなどにハマっている女性は、かなり満足できるのではないだろうか。

成人映画

成人映画 成人映画とアダルトビデオの一番の違いは、成人映画館で公開するために撮影されたかどうか、ということらしい。

日活ロマンポルノといえば、かなり古いイメージがあるが、当時はVHSすら普及していなかったのだろう。
エロい映像が観たかったら映画館に行くしかないという時代だったのか。そう考えると現在の、インターネット上でエロ映像見放題というのは素晴らしい発展だ。
一方で、大きなスクリーンでエロシーンを観るというのも非常に興味深い。それはそれで、物凄く興奮できそうだ。
一般のアダルト動画よりはストーリー部分も重視されているだろうし普通のAVに飽きてきたら、たまにこういった類のエロ動画を視聴するのも、また一興。

アニメーション

アニメーション エロの世界でアニメが最も得意とするジャンルの一つとして、まず思いつくのが触手・淫獣モノ。

こればかりは、実写でリアルな映像をつくるのは現代でも、かなりの予算がなければ難しい。
映画『寄生獣』並みの予算で制作された淫獣モノのエロ動画があれば、是非観てみたいものだが。
実際に、頑張って実写でつくられた触手モノのエロ動画を見たことがあるが、話にならないほどチャチな仕上がりであった。
このように、現実世界で実現不可能なシチュエーションでもアニメーションなら可能となる。
理想のエロシチュエーションを、実際に映像で表現できることこそが、エロアニメの強みといえるだろう。